転職は慎重に

転職をするキッカケのひとつに、賃金がある。
自分が担ってる仕事に対して報酬が少なく感じたり、同期と比べて額が少なかったりすると、
「自分ももっと稼げるはずだ」と思ってしまうことはあると思う。
だけど賃金だけを気にして転職すると、失敗してしまう事もあるのだ。
特に異業種に転職した場合にとても起こりやすい。
「自分は若いから大丈夫」とか、「一生懸命やれば出来るようになるさ」と見切り発車的に転職してしまうと、
今まで積んできた経験や仕事のやり方が全く通じないので、対処法が見出せないと仕事が辛くなってしまい、
「どうしてこんな事になってしまったのだろう?」と挫折してしまう事が多々あるのだ。

転職したい人は将来の自分の姿や方向性などをしっかりと見据えて、時間をかけて慎重に検討することが重要だ。
転職をする際には、自分のポジション、給料、出来る仕事の内容、資格などを把握し、今の会社における良い点と悪い点を洗い出した後、転職エージェントを探すなどして転職後のメリット、デメリットを書き出して比較していくと、転職した方が良いのか悪いのか、転職する際に必要なことは何なのか等々、
自分にこれから起こるであろう色んなことが見えてくるはずだ。

収入は多いほうが良いのは確かだ。
だけどそこだけに囚われずに、今まで築いてきた立場や働きやすさなどもよく考えて、
自分にとって最良の道を選んでいって欲しい。
人生に、後戻りの道は残されていないのだから。

憧れの業界に転職

憧れだった業界に転職をする事ができ、刺激に満ちた日々を送っています。
転職をする前は、悲惨な生活をしていたものですが、夢を叶えると同時に給料も格段に上がり、転職をした事は我ながら正解だったと実感しています。

転職、というのは簡単にはできない行為ですが、自分が現在の仕事に押しつぶされてしまう前に転職をしたいものです。
自分は憧れの業界に転職する事を目標としながら以前の職場でも、お金を貯めるために頑張る事ができていましたが、そのお金が働いても働いても貯まらないので、もうあかん、と転職を決めました。お金、というのは転職の切っ掛けとなることだと思います。
殆どの人間はお金のために働いているのですから、そのお給料が少ないのであれば、早々に職場に見切りをつけて転職をしても後悔はしないはずです。私は憧れの業界にて、素晴らしい商品に囲まれて働く事ができており、現在幸せ真っ只中といったところです。
転職先は求人情報を片っ端から毎日チェックをし、ようやく好条件の転職先を見つける事ができました。転職先を探すのが趣味にもなっていました。
これからはもう求人情報をチェックする必要が無いのですが、転職先を探している間、というのは夢に満ちており楽しかったです。

転職は計画的に

人は生きていると、いろんな理由で会社を辞めることになるわけですが、
その多くは給料が仕事の量と見合わないということだったりします。
自身のキャリアアップのために給料はそれほど高くなくても、スキルが高まるというような理由で、
仕事を続ける人もいますが、ある程度の年齢になってきても給料が上がらないと、
逆に自分の持っているスキルと時間を無駄にするという結果になるので、転職を考えた方が自分のためになると思います。

やはり転職のタイミングが重要で、まだスキルも経験も得られていない状態のままで仕事を辞めてしまうと、
次に入る会社で求められるスキルと自分の実力が見合っていないという状態になりますから、
転職活動にかなり苦しむことになります。それで、次の職場でも誰でもできるような仕事についてしまって、
延々とスキルアップができないというような悪循環に陥ってしまう危険があります。

それを回避するためにも転職は計画的に行わなくてはなりません。
つまりは、自分がどれくらいのスキルを持っておきたいかということを設定する必要があります。
そして、自分がそこまで達しているかどうかを判断しながら、もし達していると感じたら、
次の会社の面接を受けていくようにした方が良いでしょう。

転職についていつも考えています

私は、普通の一般事務をしています。
何となく大学に通い、運よく決まった就職先でずっと働いています。
ですが、よく、このままでいいのかなと考えたりしています。
給料もそこそこいいし、周囲は特に嫌な人もいないし、そんなに不満もありません。

ですからこの状況で転職したいとかいったら、贅沢と思われるかもしれません。
でも、やはり考えてしまうのです。
もっと自分のやりたいことを考えて、勉強して、自分の能力が生かせる仕事をしたほうがいいのではないかと思うのです。
テレビCMで、資格のCMとかあったりすると、考えてしまいます。
私は始め、土日休みが希望で、ですから一般事務を選びました。

比較的、勤務曜日が決まっているからです。
しかし、今になると、そんなことにそれほどこだわらなくていいのかなと思います。

私の友人は看護師をしているのですが、忙しそうではありますが給料はいいのだろうし、やりがいはあるみたいだし、何より、結婚後も仕事をする上で有利なのではないかと思います。

就職するときは、そんな先のことなど考えなかったので、今となっては大丈夫なのかと不安です。
今後、転職のことについて、真剣に考えて、将来のために勉強したいなと思います。

目標は良好な人間関係

転職の経験が数回ありますが、やはり転職はあまりお勧めするものではありません。
いずれも転職しようと思うきっかけは、人間関係が大きかったと思います。

上司や先輩、同僚と問題なく付き合えていても、そのうち仕事のやり方、方針の違いなど、業務自体に行き詰まりを感じた場合も関係を悪くします。
希望の仕事に就くことが難しい昨今、または希望の仕事に就けたとして、すべてが希望する仕事ができるかというのは、何度か経験すれば思い通りにいかないことは了承済みです。
ですので、よほどの良い条件ややりたい仕事、スキルに合った仕事などが見つかった場合以外はどんな仕事に就いたとしても人間関係を良好に保てるならば、続けて行ける気がします。

再び転職しても、新しい職場に馴染めるだろうか、業務スキルは問題ないだろうかと新たな不安と人間関係で悩みます。
ハローワークで仕事を探しても求人自体が少なく、希望職を見つけるのも困難です。
転職した職場で一から仕事を覚えることも大変です。それよりも今の職場でいかに居心地の良い職場づくり、良好な人間関係が保つことができれば転職を繰り返さずに済むかと考えます。
転職は一般的にはメリットよりデメリットの方が多いと反省も含め感じます。

転職を決意した会社

私は過去に一度だけ、自分と合っていないと思う会社に所属していました。しかし、生活のためだと割り切って働いていましたが、それでも耐えられなくなって転職をしようと考えました
。その会社の一番嫌いだったところは、人間関係がかなり悪かったことです。物流系の会社だったので、時間重視の仕事をすることが多かったです。そのため、少しでもミスをすればお客様に迷惑を掛けるので、従業員達に掛かる重圧が半端ななく大きかったです。

そのため、従業員同士もピリピリしており、休憩時間になればみんな陰口を言い合っています。そして、私にも直接嫌味を言ってくる同僚も居ました。そんな雰囲気の会社に長く居るとストレスで大変です。そんな中で毎日劣悪な人間関係の中働いていました。

そうなってくれば、仕事に対するやる気もなくなってきて、無気力のようになります。まだまだ私は若いので、ここで腐ってはいけないと感じ、ついに会社を辞めて転職活動をしました。その際は、前のように物流系の企業以外で仕事を探しました。また、雰囲気の良い会社を探すように心がけました。それは、面接を受けに行った際に会社の雰囲気は感じ取れるので、それも判断材料にするべきです。

それから、長い転職活動の結果、今では前の会社よりは良い人間関係の会社に再就職することが出来ました。その結果、転職活動という、行動を起こして本当に良かったと思っています。

転職活動を行って感じていること

私は現在転職活動に取り組んでいる20代後半のサラリーマンです。今の会社では営業を担当しております。しかし自身は営業向きではないと考えておりまして、転職活動に励んでいます。狙っているのは事務職です。元々パソコンの操作が得意だったり、営業のような最前線の仕事よりは、バックでそれらを支える業務の方が合ってると考えているからです。

しかし実際に転職活動を行ってみて感じているのは、未経験者では厳しいということです。これは事務という職種ならば、その傾向が非常に強いです。間接部門なので、一から育てるのはその分コストがかかります。また男性の事務というのは、将来的には幹部候補としての採用になります。ですから新卒で入社して、総合職として現場を経験し、その後経理や総務という事務に異動になることが多いです。

ですから私の場合、未経験であることや30代が近いということで、中々突破口を見い出せない状況が続いています。そこで資格を取得して印象を変えるという方法もありますが、この年齢になると簡単に取れる資格ではインパクトが薄いです。そうなると難易度の高い資格になります。

しかしそう簡単に取得できるものではありません。今後事務として転職を諦めるべきか、それとも続けるべきなのかまだまだ悩みそうです。

転職で心機一転!

転職を考えては見てもやはり実際は決断が必要なイベントですのでなかなかすぐに「転職するぞ!」と意気込んで現在の職を離れることはできません。
それ故にある程度の軍資金が必要であったり、ある程度内定を貰えそうな職場を探しておくなど事前準備が必要にはなるのですが、転職は大変なことばかりではありません。

例えばですが、転職したいと思う先が本当にしたいと思う仕事内容であったとして、内定がとれたとします。するとどうでしょう。
とても嬉しくないでしょうか。心機一転して仕事に励むことができるというのはとても恵まれたことです。現在就職氷河期と呼ばれているこのご時世ですので、仕事に就くことが出来るだけでもラッキーです。
そのなかで更に自分のしたい仕事であるということであれば、その仕事とずっと長く付き合っていけることでしょう。

自分自身の仕事に対しての満足感を得るためというのも転職の立派な動機です。再就職する先での面接でもぜひその面はアピールしたほうが良いでしょう。

そこまでして就職を希望しているという面を全面的にアピールすることで、面接官の印象もしっかり手に入れることができます。
ですが、逆を言えばそれだけの情熱が必要だということでもあるのです。